品揃え豊富な結束バンド

あらゆる現場で大活躍

結束バンドは野外で機器を設置するときに便利

time 2021/07/21

結束バンドは野外で機器を設置するときに便利

結束バンドは、最近ではさまざまな所で目にします。たとえば、建築現場などでは配線を仮止めしておく場合にたいへん便利であることから現場の職人さんが腰に束ねて持ち歩く姿を見かけます。そして、作業をはじめるとそこから一本ずつ手際よく取り出していろんなケーブルを建材に仮止めしていくのです。以前は、この結束バンドの役割を鉄線で行っていました。

しかし、鉄線の方を使った場合だと仮止めに時間も体力もかかってしまいます。それが、結束バンドを使用した場合だと時間も体力もかからずに済ませることができるのです。それに仮止めを外すときも結束バンドはハサミのようなもので簡単に切ることができるのに対して、鉄線は何度も使えるとはいえ外すのにけっこう時間がかかってしまいます。建設現場とは違いますが、結束バンドが使われるところで最近ではテレビ番組での犯人逮捕シーンなどが目につくようです。

もちろん昔は機器として手錠というものが使われていました。手錠は鍵を使って外すようになっていましたが、バンドの場合はパチンと切るだけです。ところが、犯人は手が思うように動かせないので簡単に切ることができません。あくまで機器を繋ぎ止めておくものとして考えないと、人の自由を制限するものとして敵意的に捉えがちになってしまいます。

せめて結束することで便利を追求するものとして使い、機器を用いて不便を強要されるものにならないようにしなければなりません。

down

コメントする