品揃え豊富な結束バンド

あらゆる現場で大活躍

結束バンドで家庭用品として売られているもの

time 2021/07/12

結束バンドで家庭用品として売られているもの

今では、国民的な知名度を得るようになった結束バンドはメイドインジャパンの製品です。1970年に国内の企業が開発をおこない、当初は送電線で用いられる産業アイテムでした。バンドの裏面にトラッキングという凹凸があり、このおかげで一度締め付けると外れることがないという特性を持っています。国際特許を取得した特徴は、いろんな業界でも注目されるに至りました。

今では建設現場から農園・一般家庭や学校でも活用されています。そこでここでは、家庭用品というスタイルで販売されている結束バンドの特徴を詳しく見ていくことにしましょう。100円ショップやホームセンターでは家庭用品コーナーにも、結束バンドはあります。100本単位の大容量で販売されており、基本的には使い捨てというスタイルを持つ用品です。

どんな活用の仕方があるのかというと、キッチン用であれば鍋やフライパンを吊り下げるためのフックという使い方ができるでしょう。塩化ビニール製で、簡単に取り付けられるわけです。または文房具という使い方もできますが、この場合の結束バンドは両面テープになっているのがポイントです。なぜかというと、一度固定をしてしまうと都合が悪いからになります。

ペンやノートなどは使用するたびに開閉をしないといけません。一度締め付けて取り外しができないのでは使い勝手が悪いですが、両面テープであればその心配は無用です。使う場面ごとに合った商品があるわけです。

down

コメントする