品揃え豊富な結束バンド

あらゆる現場で大活躍

結束バンドとケーブルタイについて

time 2021/07/09

結束バンドとケーブルタイについて

結束バンドとは、複数のケーブルを束ねて整理するために使う配線材料です。ケーブルタイや結束タイと呼ばれることもありますが、これらは英語から由来がきてるといわれます。通常は、プラスチック製の結束バンドのことを指し一度結束すると取り外しができない構造になっています。最近では、再び結束ができるリピート退部や固定するパネル型などさまざまなデザインが登場しているのです。

結束バンドは、日本で1960年代から使用され始めました。柔軟性を活かした締め付けと耐久性の良さから広く使われるようになりました。主に、ケーブルタイとして配線をまとめるのに使用され全国で採用されています。素材によっても強度や耐震性も異なってくるので要チェックしてください。

ケーブルタイは、材質だけでなくサイズや形状もさまざまなので使う環境に合わせて選択することが可能です。結束バンドを始めて使う人には、詳しく利用の方法を書いたガイドブックが存在します。製品の選定や管理をするうえで参考になるのでしっかり読んでおきましょう。製品を選ぶには、いくつかポイントがあります。

横ずれをしっかり防止したいならがっちりとしたバンド構造が良いです。バンド構造であれば、ほどよいしなりがあるため作業するには適度な柔軟性があります。ヘッド構造になっているものは、軽い抵抗でスムーズに固定が可能です。ヘッド付近はなめらかな作りになっているので、作業者や結束物に負荷がかかりません。

down

コメントする