品揃え豊富な結束バンド

あらゆる現場で大活躍

タイラント式結束バンドが大活躍している現場を紹介

time 2021/07/06

タイラント式結束バンドが大活躍している現場を紹介

結束バンドは今では、国民的な人気を集めているアイテムになりました。名前を知らない方でも、一度締めると決して緩むことがない商品といえばイメージができることでしょう。1960年代に国内の大手企業が開発をおこない、世界に向けて販売をしました。累計500億本もの売り上げを記録したヒット商品で、今では日本が世界の誇る産業用品となっています。

21世紀に入って結束バンドも進化を遂げており、さまざまな現場で活躍するものを目に出来ます。そのひとつがタイラント式結束バンドで、医療現場ではなくてはならない商品となっているほどです。ここで簡単にタイラント式の概要を簡単のご紹介していきましょう。心臓外科の手術で活用されているのがタイラント式で、ゼラチンを素材にしているのが特徴です。

この心臓外科では動脈や静脈を縫合する高度なオペを実施しています。以前は極細の糸を使って縫合をされていましたが、高い技術が必要で治療を実施できる医療施設が限定されていたわけです。しかし、2004年頃に大手医療機器メーカーがタイラント式という結束バンドを販売したことで、誰でも気軽に静脈を接合できるようになりました。結束バンドの最大の特徴である一度締めたら決して緩まないという特性を引き継いでおり、手術現場でも大いに活躍をしています。

オペの時間も大幅に短縮をなされており、そのおかげで生存なさる患者数も大幅に伸びていることが伺える結果となりました。

down

コメントする