品揃え豊富な結束バンド

あらゆる現場で大活躍

耐候性の高いネームプレートの特徴

time 2021/06/24

耐候性の高いネームプレートの特徴

耐候性は屋外における変色や劣化しにくさを表す性質のことで、主にプラスチックや塗料に当てはめられるものです。太陽光に含まれる紫外線は物質に対する攻撃性が高く、無対策だとプラスチックも塗料も短期間の内に劣化してしまうので、屋外に設置するネームプレートを選定する際には注意が必要です。耐候性の高いネームプレートは、紫外線が当たる場所に設置しても変化しにくく、年単位で新品同様の輝きを保つのが特徴です。実際には少しずつ変色しますが、影響を受けにくいことから変色しても変化量が小さく、僅かな違いに気がつかないといった方が正確です。

完全な金属素材ならネームプレートの耐候性を気にする必要はないでしょうが、塗料を使って着色するなら話は別です。仮にもし耐候性を考慮しないでネームプレートを設置すると、赤色の塗料から色あせて薄くなっていきます。色が薄くなれば視認性が低下しますし、見た目の印象もかなり変わってしまうことになりますから、大きく変化すると困る用途だと大変です。あえて色あせた質感を好むならありですが、長期間にわたりネームプレート本来の機能や役割を求めるのであれば、耐候性素材や塗料を選ぶのが正解です。

雨風を受けて汚れは付着するものの、埃などは雨で洗い流されますし、定期的に軽く洗浄するだけで新品同様の状態が維持できます。つまり、天敵の劣化要因に負けることなく汚れも殆ど劣化の問題にならないので、限りなく完璧で無敵に近いといえます。

down

コメントする