品揃え豊富な結束バンド

あらゆる現場で大活躍

銘板の紫外線による劣化

time 2021/06/21

銘板の紫外線による劣化

まず銘板とは銘を彫ってある金属等の板のことであり、ネームプレートなどと呼ばれることもあります。一般的に銘板は紙などでできているものと比べ、耐久性が高いのが特徴となっています。しかし銘板は劣化すると刻印されている文字や記号がとても見にくくなってしまいます。銘板が劣化してしまう1つの原因として考えられるものが紫外線です。

紫外線のほかにも熱により溶けてしまう事や水、薬品等による化学変化が起きてしまったり、単純にラベルがはがれてしまったりといったものが考えられます。紫外線による劣化は紫外線の持つ光エネルギーにより、名板に含まれる分子同士の化学結合が分断されてしまう事により劣化が発生します。大切な情報が記載されていることが多いため、劣化してしまい内容が読みづらくなってしまう事は避けたいものです。なので早々と劣化することを防ぐには素材を考えることが必要です。

先に挙げた劣化する原因に強い素材というものがあるはずです。設置する場所により劣化する原因は異なってくると考えられるので、それぞれの場合に応じた素材選びが重要になってきます。長期間にわたり設置するものなので将来のことを考えて設置したいと考えていると思います。今多くの銘板には紫外線に強く熱による変形もしにくいアルミ製のものが多くあります。

屋外に長期間置かれていても劣化しにくくはっきりと文字を読むことができるためです。その他にもアクリルやステンレスといった素材が使われているので環境に合った素材を選ぶことが重要です。

down

コメントする