品揃え豊富な結束バンド

あらゆる現場で大活躍

ケーブルの識別に便利な線名札

time 2021/06/12

ケーブルの識別に便利な線名札

ケーブルを識別するために用いられる線名札は、電気工事や配線工事をするときに非常に便利です。複数のケーブルがあると、どれがどのケーブルかわかりづらく作業中に混乱する原因となり、思わぬミスを引き起こすことになりかねません。電気工事や配線工事のときだけではなく、オフィスや工場など複数のケーブルが配線されている場所では、線名札があるだけで識別が容易になりミスを減らすことができますから、積極的に活用しておきたいアイテムの一つです。ミスを減らしスムーズに電気や配線の工事をするためにも、作業を始める前に線名札を用意しておくようにしてください。

あらかじめ用意し出入力機器の名前や割り振ったケーブルの番号、施工年月などを記入しておくと識別が用意になったり、後々役に立つ情報となりメンテナンス時などに活かせます。様々な情報を記入した線名札の結び方には複数あって、大切なのは占めるときだけではなく取り外すときにも容易な方法を使うことです。線名札はあとから取り外すこともありますから、固く結び付ければ良いわけではありません。紐に結び目を作ってケーブルに取り付けたり、ケーブルに紐を巻き付けてみたりさらには紐の締め付けを利用しながら取り付けるのがおすすめです。

ケーブルに名札を取り付けて識別するというのは、シンプルでありながら非常にわかりやすい方法のためあらゆる場面で活用できるので、どれがどれかわかりにくいと感じたら使ってみましょう。

down

コメントする