品揃え豊富な結束バンド

あらゆる現場で大活躍

高速光回線で使用したいlanケーブルのグレード

time 2021/04/09

高速光回線で使用したいlanケーブルのグレード

今では日常生活の中で、インターネットを使用しないという方はいないでしょう。デジタルメディアコンテンツが豊富な現代では、テレビや新聞よりもネットを活用した方が正確なニュースを手に入れることができます。日本でネットは普及し出したのは2000年からであり、当時はADSL回線しかありませんでした。2021年現在は高速光回線が主流となり、その通信速度も最大で10Gbpsを記録しています。

この場合でもlanケーブルを使用してモデムと各情報端末をつなげなくてはいけませんが、使用するのに向いているlanケーブルはカテゴリー6のグレードとなります。今現在は12種類のグレードでlanケーブルが販売されており、それぞれの回線にマッチする製品を選ぶことができます。カテゴリー6は2010年に発表された商品で、高速回線に特化しているのが特徴です。なお、カテゴリー1だとISDNとなり、最大速度は5Mbpsしかでません。

これにより家電量販店でも店頭に並べられていないのが一般的で、手に入れるにはネット通販サイトがいいででしょう。自宅で光回線を引き込んでいる場合は、悩む必要はなく高速用もlanケーブルを手に入れましょう。見た目はどれも同じデザインなので、買う際はパッケージに記載されているグレードを見て参考にします。今後は5Gに対応したlanケーブルも販売されていくので、さらに快適なネットライフを送れると見て取れる時代になります。

down

コメントする