品揃え豊富な結束バンド

あらゆる現場で大活躍

lanケーブルが変えた通信機器の定義

time 2021/04/24

lanケーブルが変えた通信機器の定義

各家庭や会社、ビルには今や必ずと言っていいほどインターネット環境が整備されており、内部には様々な通信機器が導入されています。各機器からは、lanケーブル(localareanetworkケーブル)が張り巡らされており、各部屋のパソコンをはじめとした、様々な機器へ接続され、ネット環境を提供しています。マンションや一軒家では、ポートと呼ばれる壁のlanケーブル差し込み口が用意されているところもあり、実に容易にインターネットへ接続できるようになりました。このポートからhubと呼ばれる通信機器を使用することで、インターネットに対応した多くの機器へ接続できます。

このため、ひと昔前で通信機器と言えば、電話などの電気通信を行う機器のことを指していましたが、lanの普及により様々な機器が通信できるようになっています。このため、通信機器としての表現は具体的にどのような機器を指すのか、非常に曖昧なものに変化してきています。例えば、家電製品と呼ばれるテレビやビデオ、DVDレコーダーなどは通信機器の部類からは外れるイメージです。しかし、現在販売されているこれら家電製品には、必ずと言っていいほどlanポート、いわゆるlanケーブルの差し込み口が装着されています。

これらの機器にlanケーブルを接続することによって、インターネットから現在放送中の内容や番組表、ついにはブラウザなどを実装することで、パソコンに匹敵する情報を得ることができるようになりました。もはや、lanケーブルはコンセント同様、当たり前のものになってきたのかもしれません。

down

コメントする