品揃え豊富な結束バンド

あらゆる現場で大活躍

スタンダードのlanケーブルで可能なこと

time 2021/04/15

スタンダードのlanケーブルで可能なこと

今では、我々の生活に密接に結びついているのがインターネットです。以前は会社や学校程度でしかウェブ接続ができませんでしたが、2000年以降はブロードバンドが整備され、一般家庭でもパソコンを使用してネット接続が可能となりました。ネットショップや動画閲覧などをなさっている方は多いでしょうが、その時は必ずlanケーブルを使用してモデムと各情報端末を接続しないといけません。lanケーブルは1980年代にオーストラリアのIT企業が開発したもので、当時とそのスタイルはほとんど変わっていません。

グレードは10種類に増えてはいるものの、見た目が全然かわらないアイテムは非常に珍しいでしょう。一般的な物をスタンダードタイプと呼んでいますが、ここではこのスタンダードのlanケーブルで可能なことは何なのかについて見ていきましょう。スタンダードは10Mbpsから50Mbpsの通信を書可能にしているのが特徴です。通信速度は今は光回線が主流なので、100Mbpsを実現する時代となりました。

スタンダードでもこの範囲を網羅することは可能ではあるものの、オンラインゲームやストリーミング形式の動画を閲覧するのには若干遅いことがわかります。しかし、webページを見る程度ならさほど高速処理を必要としないので、スタンダードのlanケーブルでも十分活用することが可能です。普段はこのケーブルを使用している方が、ノイズも少なくていいでしょう。

down

コメントする