品揃え豊富な結束バンド

あらゆる現場で大活躍

100Gbps専用のlanケーブルが活躍する現場

time 2021/04/12

100Gbps専用のlanケーブルが活躍する現場

今では家電からゲーム機、テレビに至るまでインターネット回線と繋がる時代となりました。いわゆるIoT技術というものであり、これまでよりも快適な生活環境をオンラインで提供することを各メーカーでは目指しているほどです。インターネットを利用するには、どんな場所であってもlanケーブルが欠かせません。モデムと各情報端末をつなぐケーブルですが、以前だと50Mbps程度のノーマルタイプと呼ばれるものしかありませんでした。

以前はADSL回線が基本でしたが、現在は次世代型通信規格の光回線が主流です。この場合は最大速度が100Gbpsを越えており、それに対応したlanケーブルの必要です。100Gbpsのlanケーブルが活躍する現場はおもに、個人住居・大学・駅となっています。100Gbpsは2020年には日本国内の約60パーセントの範囲で整備をされており、さらにその普及率は2025年には100パーセントになる見込みです。

一般家庭のインターネット使用率も高く、オンライン授業やストリーミング形式の映画サービスを利用されている方も多いでしょう。この時は100Gbpsに対応したlanケーブルを導入するのが望ましいです。それ以外の場所でも、高速通信に特化したケーブルなら、タイムラグを発生させることがないからです。lanケーブルは計20のグレードに分かれていますが、そのグレードはGbpsの数字を見れば一目でわかります。

down

コメントする