品揃え豊富な結束バンド

あらゆる現場で大活躍

20m以上のlanケーブルを快適に使うコツ

time 2021/03/31

20m以上のlanケーブルを快適に使うコツ

パソコンはもちろんのこと、ゲーム機やテレビでもインターネットに接続できる時代となりました。一般的な住宅の場合、モデムがある場所から離れたお部屋でネットを利用されていることでしょう。その場合は比較的長いlanケーブルが必要となります。戸建てだと1階から3階まで階数も離れている為、20m以上のケーブルを用意しないといけないときもあります。

lanケーブルは基本、1mから15m程度までの長さしか家電量販店やネット通販では販売されていません。20m以上の商品もないことはないですが、数が大きく減少します。なぜ20m以上の商品が少ないのかというと、lanケーブルは長くなるほど通信速度が低下をするという性質があるからです。これは光の乱反射を利用しているからであり、10m程度までしか高速通信を維持できないというわけです。

住宅や会社・学校等で長いlanケーブルを使用する場合、ブースターを取り付けることで快適な通信を維持することができます。中継器という名称で利用される場合もあり、家電量販店などでは1個2、980円前後で買うことが可能です。このブースターはケーブル同士をつなぎ合わせることもできるので、10mの短いlanケーブルを2本用意して増設する際に役立つでしょう。15m以上の長さで活用し、なおかつ短いケーブルを2本組み合わせたいときはブースターを手に入れることで解決へとステップを進められるというわけです。

down

コメントする